ニュースリリース
ニュースリリース詳細 国内ビジネス
2013/08/06

医薬品3PL事業を強化
-伊藤忠商事(株)からの事業移管及び加須医薬品物流センター新設-

伊藤忠ロジスティクス株式会社(代表取締役社長:佐々和秀、以下「伊藤忠ロジスティクス」)は、2013年7月1日付にて伊藤忠商事株式会社(代表取締役:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)から医薬品3PL事業の移管受け入れを行いました。
また、本事業の更なる拡大を目的として、2014年8月稼働(予定)にて埼玉県加須市に新たな医薬品専用センターの建設を決定いたしました。

伊藤忠グループでは、1998年から伊藤忠商事を主体に医薬品3PL事業に取り組んでまいりました。近年、国際品質基準への対応の厳格化等、より高度な物流機能が求められるようになり、更なる専門性とより柔軟な設備投資への対応が必要となってきております。
このような中、物流会社である伊藤忠ロジスティクスにて本事業に取り組むことが、より一層の物流品質、顧客満足度の向上に繋がり、長期的な医薬品3PL事業の拡大に発展するとの判断から、今回移管を実施いたしました。

また、医薬品3PL事業の更なる拡大のため、2014年8月稼働(予定)にて埼玉県加須市に医薬品専用センター「伊藤忠ロジスティクス加須医薬品物流セン ター」を新設いたします。本センターは、敷地面積12,620㎡、延床面積19,696㎡、地上4階建て(2階は事務所のみ)で、東北自動車道加須ICの 至近に位置し、ディストリビューションセンターとしての立地に優れております。
設備面では、非常用発電機、保冷用ドックシェルター、危険物倉庫を備え、BCP、温度管理、セキュリティにより配慮した医薬品専用センターとなっており、また外壁には断熱金属サンドイッチパネルを使用するなど、空調効率化にも配慮しております。

今後、伊藤忠ロジスティクスとしては、商社系物流会社として、日本国内の医薬品3PL事業のみならず、フォワーディング機能、海外及び海外域内ネットワークを活用し、また状況により商流への参入も視野に入れ、医薬品3PL事業の海外展開にも積極的に取り組んでまいります。
モデルケースとして、既に昨年より検査薬の日本国内、輸送、中国国内の一括物流受託を開始しております。工場の集荷、国内センターでの保管、国内配送、通 関、航空輸送、中国国内でのセンター運営、内陸輸送までを一貫して受託することにより、品質・サービスの向上を図ると共に、荷主様と共同で新KS/RA制 度(*)への対応なども行っております。
国内3PL事業にて培った医薬品物流ノウハウとフォワーディング機能、海外及び海外域内ネットワーク、商社系物流会社ならではの商流機能も融合した、より高度な医薬品物流サービスを提供してまいります。

*KS/RA(Known Shipper/Regulated Agent)制度
航空機に搭載する航空貨物について、ICAO国際標準等に基づき、高いセキュリティ・レベルを維持しつつ、物流の円滑化を図るため、荷主から航空機搭載まで一貫して航空貨物を保護する制度

(問い合わせ先)
医薬品物流部  TEL:03-6230-0548  FAX:03-6230-0692  末吉、林、大川
■伊藤忠ロジスティクス加須医薬品物流センター完成図(イメージ)

img01_nr20130806

 

■医薬品中国一貫物流フロー図

img02_nr20130806

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
左のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードして下さい。